Entry 81
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 8月8日(土)に行われた高校生フォーラム プレゼンテーション の各高校の発表の概要を、当日会場で配布の「プレゼンテーション要約」と写真でご紹介します。
プレゼンテーション要約(1) 鳥取県立倉吉東高等学校
You Are a Shining Star! 甦れ!世界経済
鳥取県立倉吉東高等学校 鳥取県立倉吉東高等学校
 現在の経済を我々はどのように見るか。必ず不況だと答えるだろう。しかし経済は我々の生活から遠すぎるから、不況はどうすることもできないと考えがちである。
鳥取県立倉吉東高等学校 サブプライムローン破綻のような大規模な経済的失敗を、ここでは「プレ不況」と呼ぶ。失敗がメディアによって一般市民に伝えられ、-不安になった市民が商品の買い渋り・銀行への預け渋りをすることこそが「不況」へと繋がるのだ。
鳥取県立倉吉東高等学校  経済に取り組む視点として、「素人」と「専門家」の二つが挙げられる。専門家とは、情報を駆使し、経済に最善と思われる手段で対処する。また、発言力を行使し、社会に警告を発する。これにより「プレ不況」を未然に防ぐ者である。対照的に、素人とは我々を含めた社会に生きる人間の大多数のものである。商品を購入しサービスを享受することで、素人は経済に多大な影響力を持つ。
鳥取県立倉吉東高等学校  専門家が経済を扱う手法においても、2種類に分類できる。「金融」と「財政」である。金融とは言っても、一般的に言う金銭の融資のことでなく、単純に「効率を高め、お金を儲ける」ことと捉え、財政は「人々の暮らしのためにお金の流れを制御すること」と考える。だが、専門家は多大な先入観を持っているがために、しばしば失敗を犯す。
鳥取県立倉吉東高等学校
鳥取県立倉吉東高等学校
 そのために起こったのが先の大不況なのだ。これに対し素人は経済に興味を持たず、敬遠した。それが専門家の失策を野放しにする結果となった。
 このように、専門家は失敗を犯すことが少なくない。素人の目線からの意見や問題意識が経済の場には必要なのだろう。裁判員制度は、司法の場がこの素人目線の導入を強いられたために制度化されたはずだ。専門家の行き過ぎた経済行為を抑制できるのは、素人が日々培ってきた価値観ではないのか。
 素人の意見を活かすため、我々は「目安箱」の採用を提案する。素人の意見を歪めることなく、直接専門家に届ける目的で設置したい。
鳥取県立倉吉東高等学校  専門家は発言力を使い、失敗を防ぐ努力をせねばなるまい。だが、専門家の誤謬を抑止するためには、素人の力は必ず経済の場に用いられなければならない。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoforum.blog36.fc2.com/tb.php/81-8be62289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。