Entry 25
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/6-8/8に開催の『第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007』にマイクロソフト社(Microsoft Japan)から昨年に引き続き特別協賛いただけることとなりました。

マイクロソフト社は、世界最大のソフトウェアメーカー。創業者は、ビル・ゲイツ氏とポール・アレン氏。1975年に設立され、Windowsシリーズはパソコン市場で90%以上のシェアを占める。フォーラムでプレゼンに使用しているPowerPointを含むオフィス製品のMicrosoft Office、WebブラウザのInternet Explorerなどのアプリケーションソフトを提供している会社です。
 また、責任ある企業活動を行い、地域の経済・社会の発展に貢献していくという「企業の社会的責任 (CSR)」 の一環として「情報社会をになう人材育成支援」を行い、小中高等学校への支援を通じて、日本の将来の情報社会をになう、創造性豊かな人材の育成を支援されています。

昨年、一昨年の国際高校生フォーラムのプレゼンテーションを実際に担当の方がご覧になり、高い評価を頂き、また、次代を担う高い志を持つ人材を育てるというこのフォーラムの趣旨に賛同され、昨年に引き続き、今回も特別にご協賛いただくこととなりました。



第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007
特別協賛:マイクロソフト株式会社
mslogo_black.jpg

◆テーマ
「高校生、母国を語る」
- 自国の過去・現在・未来をふまえた国際貢献の可能性 -

◆趣旨
 国際高校生フォーラム参加校の母国はそれぞれに長い歴史と伝統を持つ国々であり、長年継承され磨き上げられてきた文化的美徳や知恵、善き国民性、誇るべき技術や技能といった、いわば強みを持っている。そのことで世界から認められ尊敬を受けて来た。

 しかし、現在そのような各国が誇りとともに拠って立って来たものを自国のアイデンティティとして主張するだけでは、今日的な課題や地球的規模の問題を解決することは難しい。

 そこで今日の国際社会情勢を深く分析する中で、自国の持つ美徳や強みを具体的に取り上げ、それが21世紀の国際社会の中でどのような貢献の可能性を持つのか、どのようにすればそれが実現するのかを明確に提言してほしい。

◆参加校
長野県立松本深志高等学校
静岡県立浜松北高等学校
岡山県立岡山操山高等学校
島根県立松江北高等学校
福岡県立修猷館高等学校
鹿児島県立甲南高等学校
大韓民国京畿道安養高等学校
イギリス Baines School
鳥取県立倉吉東高等学校

◆ゲストコメンテーター
佐伯啓思 京都大学大学院人間・環境学研究科教授
  ・Wikipediaでの先生の紹介
  ・先生の著書
  ・「正論」、先生の写真
柴山桂太 滋賀大学経済学部 准教授

◆日程
2006年8月6日(月)~8日(水)(3日間)
  8/6 開催行事・基調講演 <一般公開> 
  8/7 発表 <一般公開>
  8/8 表彰・特別講義 <関係者のみ> 
4.日程

◆会場
鳥取県立倉吉未来中心大ホール
  鳥取県倉吉市駄経寺町212-5   Tel. 0858-23-5390

 第6回国際高校生フォーラム公式サイト
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoforum.blog36.fc2.com/tb.php/25-4f7954d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。