Entry 22
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「倉東だより バックナンバー」として、平成15年7月18日発行のNo.91のP.8の内容を掲載いたします。(2007/06/23 登録)
学園短信 SELHiについて
 本校は今年度、文部科学省からスーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi)の指定を受けました。今年度は全国一〇八校の応募の中から三十四校が指定を受け、昨年度指定を受けた十八校とあわせて現在五十三校がSELHiの指定を受けています。これらの学校では英語教育を重視したカリキュラムの開発、一部の教科を英語によって行う教育、大学や海外姉妹校との効果的な連携方策等についての実践的研究を行うことが求められています。
 本校は「発信型コミュニケーション能力を中心とする四技能(Speaking, Listening, Reading, Writing)のバランスと内容を重視した育成方法に関する研究」を研究開発課題として取り組んでいくことにしています。これまで大学受験に対応する英語力の育成において実績をあげてきましたが、四技能を効果的に統合した教育方法においては課題が多く、生徒は受動的な技能に比べて発信型のコミュニケーション能力が不足しているという現状がありました。コミュニケーション能力にも比重を置いた英語教育は決して受験対策に逆効果になるものではなく、四技能をバランスよく身につけることが重要であることは、もはや英語教育界の常識となっています。以前は受験英語というと読んだり書いたりはできるが、話したり聞いたりはからっきしだめというイメージと結びついていましたが、現在の一年生が受験するセンター試験ではリスニングテストの導入が決定し、大学の個別試験でもリスニングテストは増加中です。筆記試験においても口語表現、会話表現の比重は増すばかりで、受験英語も以前とはずいぶん様変わりしました。
 しかしSELHiの指定を受けたからといって、無条件で英語教育の環境が改善されるわけではありません。このような研究指定を受けると、予算消化のためのイベントやマスコミ受けのよい活動の計画準備に忙殺されて、最も重要な授業がおろそかになる可能性も危惧されます。もちろんそのような事態を招くようでは本末転倒です。生徒の英語力向上のための指定であることを忘れず、日常の授業という教育活動がすべての基盤であるということを肝に銘じて、より魅力的な授業を目指さなければなりません。英語科では今回の指定がきっかけとなって、日常的にお互いの授業を参観し、忌憚のない意見を交わしながら授業力を高めていくということが、今まで以上に盛んになっています。また、教員数も増員され、一年生のオーラルコミュニケーション(OC)と二年生のライティングの授業では、クラスを二分割にした一クラス二十人の少人数授業が実現し、OCの授業は外国人講師とのティームティーチングで行われています。
 授業以外の分野では具体的には次のようなことを計画(あるいは既に実施)しています。
☆NHK語学講座テキストの購読
 (各クラスに「レッツスピーク」「リスニング入門」「100語でスタート英会話」「でなおし英語塾」の計四冊を置く)
☆Pre-TOEFL(level 2)の受験(一、二年対象 年二回)
☆フォーラム出場チームの英語によるプレゼンテーション
☆夏休みTOEFL集中講座(希望者を対象としたイギリス人講師によるTOEFL対策講座)
☆イギリスBaines校生との交流
☆安養高校との交流
☆冬休みニュージーランド研修(希望者)
☆校内スピーチコンテスト(一年)
☆校内エッセイコンテスト(二牛)
 英語が使えるようになるということは楽器の演奏やスポーツと同じで、一朝一夕に満足できるレベルに到達することはなく、相当な時間と労力を費やして初めてその人り口が見えてくるようなものだと思います。このSELHi指定が魔法のような特効薬になることはありえず、地道な努力の積み重ねで授業を改善していったり、生徒が目的意識を持って学習を継続することが必要不可欠なのは言うまでもありません。
(英語科 牧野徳明)

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoforum.blog36.fc2.com/tb.php/22-03e593d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。