Entry 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日(8/5)、行われた「第5回国際高校生フォーラムin倉吉2006」プレゼンテーションの概要です。(当日、配布された「日本語サマリー」から)

 「和」から「輪」を広げて
    ~FROM “WA' TO BROADER ‘CIRCLE’~
◆福岡県立修猷館高等学校

[I]ヒト・人間・社会について‥・
①ヒト:地球上の生物の一種。分子生物学においては、他の生物とわずかな塩基配列の違いしかないが、形態・機能等では大きな違いとなる。
②人間:集団で言葉を使ったコミュニケーションを行う。他人を「思いやる心」を持っている。
③社会:人間がそれぞれ役割をもち協力し合う集団。リーダーとフォローワーが存在し、皆の利益のために「ルール」が定められている。

[Ⅱ]「和」の心
*「人間らしさ」が大切にされ、顕著な形となったのが飛鳥時代、聖徳太子の制定した「十七条の憲法」の第一条である。聖徳太子はこの一条で「和」の心について制定している。
 「和」の心とは‥i:相手と―つの目標に向かって協力し、調和すること。
        ii :相手の意見を尊重し、話し合って理解すること。
        iii :ルールを守り、集団の秩序を乱さないようにすること。
*「和」の心はこの後も様々な形で大切にされた。人間らしく社会を形成するためには、とても重要な普遍的価値なのである。

[Ⅲ]現在、崩れつつある「社会」
 「人間らしさ」がかけ、社会のまとまりがなくなり、ぱらぱらになった。
  その理由として  ・自己の欲求の限りない追求
           ・ルール・規範への意識の低下
           ・技術の進歩によるコミュニケーションの減少が
            あげられる。

[Ⅳ]「輪」と取り戻すべき「和」の心
「輪」一一ただの集団ではな<、助け合い一つの共通の喜びを分かち合うため調和しあった集団。
  そのつながりが「輪」である。
*私たちは新しい技術を取り入れながらも、「和」の心を永遠に大切にしてい<必要がある。

[V]地域活動共同体「LAC」(Local place Activity Community)の設立
地域でのつながりをもうけるために、住民が清掃活動や伝統行事を推進する団体を設立する。LACが実際に企画・運営を行っていく。地域での活動をLACが実施することによって、同じ地域に住んでいる人々がコミュニケーションをとる機会が増え、また一つの目標へ向かって協力し調和することの大切さ・達成したときの共通の喜びを感じることが出来る。

[VI]今私たちに出来ること
私たちは、「人間らしさ」を取り戻すため、「和」の心を見直し取り戻す必要がある。他の生物とは違う「心」を失ってはいけないのだ。


**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoforum.blog36.fc2.com/tb.php/12-938179dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。