Archive
2010年07月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月7日(土)~9日(月)の3日間 倉吉未来中心で第9回 国際高校生フォーラムin倉吉2010が開催されます。その要項をお伝えします。生徒たちのすばらしいプレゼン、当日は、是非会場にお越しください。
 
◆日程・会場
時 期:2010年8月7日(土)~9日(月)の3日間
会 場:鳥取県立倉吉未来中心
(鳥取県倉吉市駄経寺212-5 ℡ 0858-23-5390)

日 程:
第1日 8月7日(土) 》 倉吉未来中心大ホール
午前:会場準備
リハーサル1
午後:開会行事
基調講演 弦間 正彦 氏
情報交換会・リハーサル2

第2日 8月8日(日) 》 倉吉未来中心大ホール
午前:各参加校のプレゼンテーション
午後:各参加校のプレゼンテーション
討 論
まとめ・講評
レセプション

第3日 8月9日(月) 》 倉吉未来中心セミナールーム3
午前:閉会行事
表彰・講評
特別講義 高橋 大輔 氏
交流行事

テーマ 「世界の食料問題とその解決策」
〈趣旨説明〉
有史以来ゆったりとした増え方であった世界人口は、近代に入って爆発的に増え始め、2000年には60億を超えた。今世界の10億人もの人々が飢餓に苦しんでいると言われている中で、50年後には世界の人口は約90億に達するだろうと推定されている。

ところが、現時点での世界の農業をはじめとする食料生産力をもってすれば、100億もの人口を養うことができると言われている。だだし、今後の水等の資源不足や気候変動等によって、現在の食料生産力を維持できるかどうか疑問であるとの声もある。

そこで、21世紀の大半を逞しく生き抜いていくべき現在の高校生諸君に、これからの食料生産の望ましいあり方を考察し、現在抱えている世界的な食料問題の解決策について明確なビジョンを提言してほしい。

◆参加校
長野県立松本深志高等学校
静岡県立浜松北高等学校
岡山県立岡山操山高等学校
島根県立松江北高等学校
鹿児島県立甲南高等学校
大韓民国京畿道安養高等学校
イギリス Baines School
長崎県立長崎東高等学校
鳥取県立米子東高等学校
鳥取県立倉吉東高等学校


◆ゲストコメンテーター
弦間 正彦氏 早稲田大学社会科学総合学術院教授
高橋 大輔氏 筑波大学大学院生命環境科学研究科特別研究員

国際高校生フォーラム2010

***********
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka




[第9回 国際高校生フォーラムin倉吉2010 開催要項]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。