Archive
2007年08月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/6から3日間の国際高校生フォーラムの全日程が終了しました。
会員の皆様多数、会場に出かけていただきありがとうございました。
今年も質の高い内容のプレゼンを聞くことができたのではと思います。また、全国から集まった生徒同士の交流も非常に有意義だったと聞いています。
2007高校生フォーラムパンフレット(表紙)
参加校の皆さん、実行委員会の皆さんお疲れ様でした。
また、ゲストコメンテーターの佐伯啓思先生、柴山桂太先生ありがとうございました。
さらに、特別協賛いただいたマイクロソフト社にも感謝申し上げます。

プレゼンテーションの結果、
最優秀賞 倉吉東高校
優秀賞  修猷館高校、松本深志高校
でした。
特別協賛:マイクロソフト株式会社


各校のプレゼンの内容は、すでに掲載していますが、以下、一覧にまとめました。

1.静岡県立浜松北高等学校
2.島根県立松江北高等学校
3.鹿児島県立甲南高等学校
4.鳥取県立倉吉東高等学校
5.長野県立松本深志高等学校
6.イギリス Baines School
7.大韓民国京畿道安養高等学校
8.岡山県立岡山操山高等学校
9.福岡県立修猷館高等学校

*フォトアルバム
 プレゼンテーション
 討論・講評

なお、特別協賛いただいたマイクロソフト社から各校にMicrosoft Office Ultimate 2007が贈られました。(倉吉東高除く。)
   第6回国際高校生フォーラムの開催要領はこちら
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka

スポンサーサイト
8月7日に行われた「第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007」プレゼンテーションの概要です。
(当日、会場配布の「日本語サマリー」から)
アニメ-低滞社会の救世主-日本から国境を越えて世界へ(要約)
福岡県立修猷館高等学校
 長年、「恥の文化」だと言われ続けてきた日本の精神文化。「恥の文化」とは、「罪を犯すと他人からの評判が悪くなり恥をかく。だから悪いことはしない」という、言うなれば他人に左右されやすい道徳心、つまり、外面的な強制力による精神文化を指すと考えられてきた。その結果、「恥の文化」が日本社会の統制のもとだと思われてきた。はたして、それは正しいのだろうか。修猷館(1)日本人の中には、「恥の文化」のほかにも先人達が築き上げてきた誇るべきたくさんの文化が秘められているのだ。その精神文化の中には、国際社会を支えるのに役立つものはないだろうか?
 そしてもう一つ。最近、何気なくテレビのチャンネルを回していると目に入ってくるアニメ。アニメは、子どもたちは無論、幅広い年齢層からの支持を得ている。しかも、日本製のアニメが世界にも普及しつつある。なぜなら、日本のアニメーション技術は世界に先駆けているからだ。そこで、日本のアニメを国際貢献として、なにかに利用できないだろうか?

 ただ自分のために、他人と争いあっている現代の国際社会。その理由は感情的、短絡的、自己中心的なものであり、知能をもった「人間」として、とても恥ずかしいものだ。しかし実際、世界はこのような低次元な問題で滞っている「低滞社会」なのだ。

 世界が現在の状況のまま、つまり自己の欲求のためにだけ動き、他人との調和をまったく考えないなら、争いはなくならず、いずれ世界が破滅するだろう。そんな危機的状況を人間はいち早く理解し、争いをやめるべきなのだ。

 それでは、自己の欲求だけを追い求めない人間に必要な精神とはいったいなんなのだろうか?基本的に人間は子どもの頃に善悪を学ぶ。一つは両親からだが、もう一つ、イメージの世界というものがある。そのイメージは民話によって生み出されることが多い。さらに、民話も国によって異なる精神文化を反映しているため、その教訓は国によって違うのだ。
 そこで、日本とアメリカの民話の比較から、両国の精神文化の違いを見てみる。そこにはいくつかの違いが見えてくる。
 ・「罪」のとらえ方
   日本……社会規範に背く、道徳心のない行動をすることが罪
   アメリカ…上よりも神に嘘をつく行為、神への反逆が大きな罪
 ・敵の存在位置 ()内はその受け止め方
   日本……自分の心の中(自分自身の罪が敵を作り出す)
   アメリカ…自分とは関わりのない部分(他人に原因がある)
 ・幽霊の役割
   日本……罪をはたらいた人の前に現れ、罪人に心理的負担をかける
   アメリカ…神の使者として現れ、罪人に神からの責め苦を知らしめる
修猷館(2) ゆえに、「低滞社会」に対しては、外国よりも、日本の民話が有効であることがわかる。
さて、その日本の精神を伝える媒体はなにがふさわしいのか。
現在世界的に人気を集めている日本製アニメーション、「アニメ」。その人気の理由はストーリー性豊かさ、そして技術力の高さ、だ。

 GNP(Gross National Product) 「国民総生産」ではなく、GNC(Gross National Cool)「国民総かっこ良さ」という、アメリカのジャーナリスト、ダグラス・マグレイ氏が一国の文化的指標を測ったもの、と提唱したこの指標で、日本は堂々のNo.1だ。
現在、アニメは世界の文化のリーダー的存在でもあるのだ。
外国にもアニメーションはあるが、日本ほどの人気や技術力はない。だから、「アニメ」は現在の
「低滞社会」を救う手段となるに違いない。

民話に含まれた日本の優れた精神文化。
アニメの媒体としての柔軟さ。
この2つを利用し、日本の優れた精神文化を、アニメを媒体として世界に広めることで、日本は国際貢献できるのではないだろうか‥・。
 当日の写真をフォトアルバムに掲載していますのでご覧ください。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
8月7日に行われた「第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007」プレゼンテーションの概要です。
(当日、会場配布の「日本語サマリー」から)
“Education” to “Self-cultivation”
岡山県立岡山操山高等学校
 Education to Self-Cultivationとは「教育を通して、自己を開発すること」です。国際社会問題を主体的に解決しようとする人材を養成するということです。
 明治時代以降、全国的に統一された教育によって、「日本」という国を母国だと認識するようになりました。
岡山操山(1) 今日の国際間題として格差や環境破壊など多くの問題があります。それらに共通しているのは、一国の問題ではないということです。その解決のためには「母国=地球」という考え方が必要です。
 歴史的に見ると、明治時代以来の教育は国民の基本的な能力を大いに向上させました。そのことは、戦前の国際的な発明・発見や戦後の高度経済成長を見ても明らかです。つまり教育には社会を大きく変える力があるのです。
 私たちは、日本の伝統的精神として僕たちは「もったいない精神」と「共同体の理念」着目しました。「もったいない精神」は、その名の通りものを捨てるのを惜しむ精神のことです。この精神はものを惜しむという範周を超えて、古いものを使い続け、新しい価値を見出す文化をも作り出したのです。「共同体の理念」とは、村、町などの地域社会の中で互いに助け合い生きていこうとする精神のことです。
 高度経済成長は日本の生活水準を飛躍的に向上させました。しかし、この高度経済成長は、過剰な競争主義を人々に植え付けました。また、大量生産、大量消費、大量廃棄により、人々にも環境にも悪影響をもたらしました。それらは美徳である共同体の理念ともったいない精神を忘れてしまっているからなのです。
 現代は産業を中心とする社会から知識を重視する社会への転換期にあります。前述の日本の伝統的美徳は、世界中の諸問題を解決する1つの鍵になると考えます。そのために、私たちの中に日本の美徳を取り戻すと同時に、世界にこの美徳を広めることが必要となるのです。
岡山操山(2) したがって、私たちはself-cultivationを促すために、地球規模の視点から諸問題の解決に関わり持続可能な社会を作り上げる人々、つまり地球を母国とする「地球人」を育成する教育制度を整えるべきだと考えます。
 まず、私たち日本人が「もったいない精神」について教育を受け、かつての美徳を取り戻します。そうして日本に生まれた「地球人」が国連の加盟国に呼びかけて、世界中の人々で共有できる理念を盛り込んだ教科書を作成する国際機関を作ります。
 そして、グループ学習を全世界で導入します。地域の人々やOBが参加したグループ学習では、年齢や職業を超えて問題を話し合い、個人では足りない部分を補い合うことができます。学校が整備されている国では実施しやすい方法であり、整備されていない国でも新しいリーダーを育成し、学校整備の基盤とすることができるでしょう。
 当日の写真をフォトアルバムに掲載していますのでご覧ください。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
8月7日に行われた「第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007」プレゼンテーションの概要です。
(当日、会場配布の[English Version]「日本語サマリー」から)
Harmony in Bibimbop
Anyang High School
 In the 21st century, we struggle with many serious problems; murders, crimes,starvation happen all the time. Cruel wars, mammonism, extreme individualization, and environmental destruction are all over the world. What do we have to do to end this fatal problem?
安養(1) Before everything else, let us introduce a well-known Korean food called 'Bibimbop.' Bibimbop is a traditional one dish-meal which the eaters stir the prepared ingredients up while taking a meal. It symbolizes the harmony, a key to understand Korean culture, history, and spirit.
 Now, we will discuss the tradition and history of Korea to find the true meaning of harmony, Bibimbop spirit. Our ancestors welcomed foreigners as their friends regardless of their skin colors, religions, and beliefs. The wall painting from ancient tomb shows how the ethnicity of foreigners did not matter to our ancestors. A person wrestling with a Korean seems to be a westerner because of his white skin, blue eyes, and big sized body. Also, there are many signs which prove active exchanges between Korea and Rome over 2200 years ago. The golden dagger and glass crafts found in an ancient cave are the excellent examples. While the style of art comes from Rome, these still holds on Korean traditional skill.
 Next, we will show you how the sprit of harmony in Bibimbop impacts modern technologies. Nowadays, we attempt to graft many functions and develop technologies for the harmonious global culture. The invention of "Kimchi fridge" is a perfect example of harmony between tradition and technology. Besides, Koreans understood culture, religion, and food of Middle East and tried to combine them with technology. Koran TV, Blue TV, and Mecca phone are products for Islam believers. Date palm refrigerators are designed especially to keep date palms.
 We can find the idea of harmony in art as well; Video Art is one of the best examples. 安養(2) Paik, Nam-Jun is the most well-known Video Artist in Korea. His works ,"TV Buddha" and "TV Garden", symbolize the harmony of west and east, modern technology and nature. "Nanta," a Korean musical performance consisted of rhythms from "Samulnori" and Western music such as jazz, can also illustrate artistic harmony among Korea and other countries. "Cross Over," a combination of two different styles of music, also demonstrates artistic harmony.
 With this Bibimbop spirit, Koreans have had the opportunity to solve many serious problems. We believe that the idea of harmony found in Korean dish. Bibimbop can solve not only Korean problems but also world's serious problems as we referred.
[第6回国際高校生フォーラム プレゼンテーションの様子 (7)安養高等学校]の続きを読む
8月7日に行われた「第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007」プレゼンテーションの概要です。
(当日、会場配布の[English Version]「日本語サマリー」から)
FAIR PLAY - A BRITISH VIRTUE Synopsis
Baines School
Emily, Emily and Sean
Baines(1) History is what defines us as a Nation and as individuals. We have given the World much-loved playwrights, composers, authors, sporting past times and inventions, but perhaps there is something more lasting which we have given to all and that is the hope that with effort and concord we can bring about changes which will make a difference.
Throughout our past the British have always fought against injustice and have displayed a deep sense of right and wrong. From the early years of what you might describe as a developing democracy to the complexities of the Modern trade-based World there have always been Britons who will stand up and voice protest when selfishness and exploitation try to gain an advantage.
 This is the tradition and mindset which we have been brought up to respect and we consider this as a prime virtue in our Society.
Baines(2)Such a virtue pervades much of our lives. We see it in charitable acts, social legislation, third world initiatives and even in our national summer sport of cricket, where the taking part is as important as emerging the winner.
 The British are always willing to take part and to support events, especially if the cause is worthy. We have an enviable record in supporting the developing nations and upholding democratic freedoms across the world. We dont always get it right, but we are generous in admitting to our failings.
 If a country is judged by its virtues we feel that the concept of "fair play" as promoted through respect, tolerance, charity and understanding is by what we would wish to be remembered.
[第6回国際高校生フォーラム プレゼンテーションの様子 (6)ベインズスクール]の続きを読む
8月7日に行われた「第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007」プレゼンテーションの概要です。
(当日、会場配布の「日本語サマリー」から)
ココから世界へ
-A Renaissance of Japanese Traditional Life-
長野県松本深志高等学校
1.日本人の心と知恵-「もったいない」 松本深志(1)
 「もったいない」という言葉には世界に誇れる日本人の国民性が表れている。この精神がよく発揮されていたのが江戸時代である。当時の日本は完壁なまでの循環型社会が形成され、ごく自然に、日常のなかでリサイクル、つまり「廃物の有効利用」を行っていた。例えば稲は米の収穫だけでなく、衣料や屋根材として利用し、傷んだ後も田畑の肥料とした。また、着物は仕立て直す工夫がされ、使い回した後も雑巾、さらに灰として肥料となった。修理や廃物回収の職業が確立されており、物品の有効利用は徹底していた。このような環境下、子供は「もったいない精神」を自ずと身につけた。

2.現在~無駄の生産~
 しかし、現在の日本は、大量生産・大量消費・大量廃棄の社会となった。たとえば、日本は食糧自給率が低いにもかかわらず残飯の量は世界一であり、海外から石油燃料を使って食料を輸入するため、フードマイレージは世界最大である。

3.地球規模の間題
 一方で、地球規模の食糧問題は深刻化している。世界人口63億人中8億4000万人が栄養不足で、そのうち3億5000万人以上は子どもだ。19億トンの穀物が生産され、世界の人口全員を養う必要量2倍に値するのにも関わらず、これだけ飢えに苦しむ人たちがいる。肉食の増加により、家畜に多くの穀物が与えられていることも一つの要因だが、残飯の廃棄も大きな要因だ。今日の世界的な環境問題も、大量のごみの廃棄や、機械に頼りすぎた生活によって悪化したものだ。

4.明日へ coco
 現代に「もったいない」精神を取り戻すべきだ。そこで、cocoという単位の設定を提案する。cocoは『もったいない』と考えて起こした行動を表す。私たちひとりひとりによる行動が、積み重なって大きく世界は変わるはずだ。

5.未来へ ココの日松本深志(2)
 忙しい生活の中では、地球環境を与える余裕はない。そこで、8時間労働を徹底し、時間に余裕を持つための「ココの日」という日を提言する。個人個人が自分の生活をふりかえる、「個々の日」。飢餓で苦しむ子どものことを考える「子々の日」。家族の団欒を大事にする「戸々の日」の意味を込めた。 この日は、①地元野菜を使って家庭で料理。③この日だけはベジタリアン。④パソコン、ケータイを使わずに話をする。⑤テレビやゲームの電源を切って、新聞や本を読む。⑥夜は電気を消して、ろうそくや行灯の光の中で落ち着いた気分になる。暗くなったら寝てしまう。……など各自で工夫する。  江戸時代の先祖たちを見習い、「ココの日」を実践すれば、何か見えてくるものがあるはずだ。世界が変わるためにも、私たち自身がまず小さなことから行動を起こそう。
「みなさんココからはじめませんか?」

 当日の写真をフォトアルバムに掲載していますのでご覧ください。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
8月7日に行われた「第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007」プレゼンテーションの概要です。
(当日、会場配布の「日本語サマリー」から)
武志道
鳥取県立倉吉東高等学校
倉東(1) <第一幕・自由>
 日本人は政府から与えられた制約による不自由な環境の中で生活をしてきたと同時に、それによってこの小さな島国の崩壊を避け、和を重んじ生きてきた。
 しかし第二次世界大戦後、自由を強く支持するアメリカの文化が急激に日本に浸透し、日本人もまた自由の価値を疑わなかった。しかし、結果として選ぶものが多すぎると同時に、明確な価値観の無くなった世界で、日本人は方向性を見失い、道に迷うこととなった。

<第二幕・武士道の必要性>
 日本人は、感情を重んじ、理屈だけでは納得しない。これは日本人にとっての道徳の基準とは絶対的なものではないことによるもので、また現代の日本は、さらに感情を重視する傾向が強くなっている。
 よって日本人が善悪を見極める為には、道徳的要素を大いに含んだ武士道を見つめ直すことが必要である。

<第三幕・武士道の美徳とは>
倉東(2)  そして武士道の中から、重要な要素である、礼儀作法、正々堂々、陰徳、仁義勇の4つを取り上げ、これを日本の美徳であると定義した。
 私達はこの四つの武士道の要素を現代に生かした新しい生き方の道を、志という字を使って「武志道」と名づけた。
<第四幕・国際貢献>
 この武志道に基づいた国際貢献へのステップを
①国内に広げる、②日本が変化する、③世界の問題点を指摘するという三つに分けた。

倉東(3) <第五幕・実現へ>
 私達は公共広告機構を政府と民間の両方での運営に切り替えることと、各地のローカル番組の本部を作り、武志道をテーマとした番組を高校生が主体となって製作することで国内に浸透させるというひとつめのステップを実現させようと考えた。

 当日の写真をフォトアルバムに掲載していますのでご覧ください。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
8月7日に行われた「第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007」プレゼンテーションの概要です。
(当日、会場配布の「日本語サマリー」から)
WeareJapanese.~忘れるなかれ‘人の倫(みち)’~(要約)
鹿児島県立甲南高等学校

1.郷中教育
『負けるな、嘘を言うな、弱いものをいじめるな』
この3本を柱とした鹿児島県に古くから伝わる薩摩藩の師弟教育=武士階級子弟の教育法
《教育内容》
・勉学(読み,書き)
・武芸
・山坂達者(体育,スポーツ)
《目的》
・勉学に勤しむ
・心身を鍛える
・しつけ,武芸を身につける
◎先輩から教わることにより年上の人を敬うという発想が生まれる。
=礼儀;武士道が基盤!
→伝統的な日本の考え方が中心!

2.日本の問題
《ゆとり教育》
甲南(1) ・生徒…教師を敬わない,やる気がない  ・教師…生徒に気圧され気味,教師の孤立
→いじめや学級崩壊、またフリーターの増加、学力の差の拡大etc…
⇒日本から世界に貢献する人材が限られ、日本独自の個性を失ってしまう可能性大…!!

3.今後の世界
《欧米化》
・"私”を尊重
・自立性
・利益の追求
《アジア化》
・"公”を尊重
・目上を敬う
・自然と調和
現在・・・欧米化
→"私”を重視しすぎたことから、秩序が崩壊しつつ、利益ばかりを求めた競争社会へと世界が変化してきている。

4.提案
【私たちが描く理想の世界像】
甲南(2) “公”を尊重しつつ“私”の損なわないようにするために・・・
 ・礼儀、忠恕、信義などを重視
 ・利益を自制
→欧米的思想とアジア的思想のバランスの取れた社会を・・・!
そのために・・・
《日本》
・政府-“義”(利害をすてて条理に従い、人道・公共のために尽くすこと)を意識
      教育方針に『武士道に基づいた人間としての基本的行為』の取り入れ
→結果、尊敬され、慕われる国へと近づき、世界の”良い、お手本”となる。
→”国際貢献”へ一歩前進!

 当日の写真をフォトアルバムに掲載していますのでご覧ください。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
8月7日に行われた「第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007」プレゼンテーションの概要です。
(当日、会場配布の「日本語サマリー」から)
島根県立松江北高等学校 発表サマリー 日本文
私たちの可能性 ~身近なことからできる国際貢献~

1、現在の環境状況松江北(1)
・レジ袋は日本全体で一日に一億枚を消費している。
・日本人は紙を一日にノート5・6冊分使っている。
・日本のゴミの年間排出量は、年々増加している。

2、過去の環境状況
過去は、人間と自然衆境のバランスが保たれていた。
それは、意識して保たれていたわけではない。人間が自然環境を破壊するスピードが自然の再生能力よりも遅かったからだ。

3、各地で行われている環境対策運動
環境問題を解決しようと各地でさまざまな取り組みを行っている。
しかし、最悪の場合提唱するだけで終わってしまうこともある。それは皆の環境への意識が低いからなのだろうか。調査の結果、意織が低いわけではないことがわかったが、松江市のゴミ処理施設を見ていると実際は違うようだ。

4、人間の本質
「人間を動かす2つのテコは、恐怖と利益である。」とナポレオン・ボナパルトは言う。 よく、他人のために行動をしろ・周りの人の役に立ちなさいなどと言うが、最終的には人は自分のためにしか行動しないのだ。たとえば、掃除をすること。みんなが使う教室をきれいにしましょうといっているが、多くの人は、先生による強制、先生にほめられるという優越感などによって動いている。

5、私たちからの提案
人間には利益がないと行動をしないという本質がある。
私たちは「予算争奪合戦~あなたの環境偏差値どのくらい?~」を提案する。

6、未来へ
松江北(2)小さなことかもしれないが、この行動を各地が行えば必ず成果はある。
また、各国が自国の文化にあった方法を行うことによって地球環境が改善するだろう。
僕たちは17歳だ。10年後は27歳となり、社会の中枢として日本を、そして世界を動かしていく立場となる。未来の主役となる私たちは、10年後の社会を見据えて、行動を起こさなければならない。私たちから、変えていかなければならない。人間の行動ひとつで、世界が変わる。今、この環境悪化をとめなければならない。その鍵を握るのは、これからの21世紀を生きる私たちなのだ。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
8月7日に行われた「第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007」プレゼンテーションの概要です。
(当日、会場配布の「日本語サマリー」から)
現代社会を支配するひとつの価値観
「富=幸せ」

SENSER×SENDER

SENSER=自国で大切にされている価値観を見出せる人
/SENDER=SENSEしたものを表現できる人
SENSER×SENDER=SENSERとSENDERの能力を持ち合わせた人
-「幸せ」って何ですか?-
静岡県立浜松北高等学校
Ⅰ.Problem 浜松北(1)
「経済、生活問題」で自ら命を絶つ者が少なくない。富さえあれば救えた命。現代社会において富は生死をも左右する位置にある。資本主義社会の発展によってほとんどのものが買えるようになった現代、世界は「富=幸せ」の価値観に埋もれている。この結果我々はSENSE、つまり各国が大切にしている価値観を見失いつつある。これは世界で起こっている現象なのだ。
Ⅱ.GoodPoints
日本のSENSEとは何なのだろう。我々は「直感力」と「認める心」をあげたいと思う。確かに、日本文化や歴史的偉人の政策は、地理的条件、歴史的背景によって変化した日本独自のSENSEが発揮され、また書物や絵画などの様々な媒体を通じて表現、つまりSENDされている。そこで我々はこれら二つの能力を持つ人をSENSER×SENDERと名づけた。これは現代にも引き継がれ、我々の心にも根付いているはずだ。
Ⅲ.What is happiness?浜松北(2)
日本だけでなく世界各国でもSENSEがあり、SENDされてきたはずだ。しかし上記した通り、「富=幸せ」の価値観が流入し、見えなくなった本当の幸せがあるのも確かだ。我々は、幸せとは「SENSER×SENDERであること」だと考える。SENSER×SENDERであれば富にとらわれない様々な価値観を見出すことが出来るのではないか。では、これを回復するために我々は何ができるのだろう。
Ⅳ.SENSER×SENDER
そこで提言するのは日本が中心となってSENSER×SENDERを育成するということだ。
そのために掲げる制度が「旅人制度」である。日本のSENSER×SENDERが行動し、世界にSENSER×SENDERを増やしていくというものだ。これによってSENSER×SENDERの輪が広がり団結すると共に「包括的な世界」が成立するだろう。また「旅人制度」を実現させるためには、日本の若いSENSER×SENDERの育成も必要不可欠だ。そのためにUnited Childrenの日本全国への進出、新しい歴史教科書の導入、公共施設の緑化を提案する。
SENSER×SENDERの輪が広がれば、世界が一丸となって取り租むべき間題も円滑に解決できるのではないか。我々が、各国が、独自の価値観を大切にしていこう。

最後にもう一度問おう。「幸せ」って、何ですか?

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
 高校生フォーラム2日目の、参加9校によるプレゼンテーションと討論が行われました。
 発表内容の要旨については、会場配布の日本語サマリーと英語サマリー(Bainesおよび安養高校の発表)を掲載予定ですが、当日の発表の様子をフォトアルバムに掲載していますのでご覧下さい。
2007高校生フォーラム開会2007高校生フォーラム 倉吉東高
高校生フォーラム
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 これらの写真をフォトアルバムに掲載しています。
2007.08.07 高校生フォーラム(1) (プレゼンテーション)
2007.08.07 高校生フォーラム(2) (討論と講評)
※フォトアルバムの見方:[▶スライドショー]をクリックすると、順次写真が切り替わります。
  このときに、[F11]キーを押すと全画面表示でご覧になれます。
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
本日(8/7)の第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007は、プレゼンテーションコンテストです。皆さん、倉吉未来中心に出かけてみてください。全国から集まった生徒たちの真摯で質の高い内容のプレゼンです。

9:30-12:00  プレゼンテーション
<発表校>
静岡県立浜松北高等学校
島根県立松江北高等学校
鹿児島県立甲南高等学校
鳥取県立倉吉東高等学校
長野県立松本深志高等学校
イギリス Baines School

13:00-14:30  プレゼンテーション
<発表校>
大韓民国京畿道安養高等学校
岡山県立岡山操山高等学校
福岡県立修猷館高等学校

14:30-17:00  討論・まとめ・講評
 この模様は、インターネットで中継されます。  

2007高校生フォーラムパンフレット(表紙)第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007
特別協賛:マイクロソフト株式会社
mslogo_black.jpg

◆テーマ
「高校生、母国を語る」
- 自国の過去・現在・未来をふまえた国際貢献の可能性 -

◆趣旨
 国際高校生フォーラム参加校の母国はそれぞれに長い歴史と伝統を持つ国々であり、長年継承され磨き上げられてきた文化的美徳や知恵、善き国民性、誇るべき技術や技能といった、いわば強みを持っている。そのことで世界から認められ尊敬を受けて来た。

 しかし、現在そのような各国が誇りとともに拠って立って来たものを自国のアイデンティティとして主張するだけでは、今日的な課題や地球的規模の問題を解決することは難しい。

 そこで今日の国際社会情勢を深く分析する中で、自国の持つ美徳や強みを具体的に取り上げ、それが21世紀の国際社会の中でどのような貢献の可能性を持つのか、どのようにすればそれが実現するのかを明確に提言してほしい。

◆参加校
長野県立松本深志高等学校
静岡県立浜松北高等学校
岡山県立岡山操山高等学校
島根県立松江北高等学校
福岡県立修猷館高等学校
鹿児島県立甲南高等学校
大韓民国京畿道安養高等学校
イギリス Baines School
鳥取県立倉吉東高等学校

◆ゲストコメンテーター
佐伯啓思 京都大学大学院人間・環境学研究科教授
  ・Wikipediaでの先生の紹介
  ・先生の著書
  ・「正論」、先生の写真
柴山桂太 滋賀大学経済学部 准教授

◆日程
2006年8月6日(月)~8日(水)(3日間)
  8/6 開催行事・基調講演 <一般公開> 
  8/7 発表 <一般公開>
  8/8 表彰・特別講義 <関係者のみ> 
4.日程

◆会場
鳥取県立倉吉未来中心大ホール
  鳥取県倉吉市駄経寺町212-5   Tel. 0858-23-5390

 第6回国際高校生フォーラム公式サイト
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka

本日(8/6)から8/8まで第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007が倉吉未来中心で開催されます。本日は、基調講演があります。
14:30      受付
15:00-16:00 歓迎演奏、開会行事
16:00-17:00 基調講演
        講師は、京都大学大学院人間・環境学研究科教授 佐伯啓思先生です。
 この模様は、インターネットで中継されます。  

2007高校生フォーラムパンフレット(表紙)第6回国際高校生フォーラムin倉吉2007
特別協賛:マイクロソフト株式会社
mslogo_black.jpg

◆テーマ
「高校生、母国を語る」
- 自国の過去・現在・未来をふまえた国際貢献の可能性 -

◆趣旨
 国際高校生フォーラム参加校の母国はそれぞれに長い歴史と伝統を持つ国々であり、長年継承され磨き上げられてきた文化的美徳や知恵、善き国民性、誇るべき技術や技能といった、いわば強みを持っている。そのことで世界から認められ尊敬を受けて来た。

 しかし、現在そのような各国が誇りとともに拠って立って来たものを自国のアイデンティティとして主張するだけでは、今日的な課題や地球的規模の問題を解決することは難しい。

 そこで今日の国際社会情勢を深く分析する中で、自国の持つ美徳や強みを具体的に取り上げ、それが21世紀の国際社会の中でどのような貢献の可能性を持つのか、どのようにすればそれが実現するのかを明確に提言してほしい。

◆参加校
長野県立松本深志高等学校
静岡県立浜松北高等学校
岡山県立岡山操山高等学校
島根県立松江北高等学校
福岡県立修猷館高等学校
鹿児島県立甲南高等学校
大韓民国京畿道安養高等学校
イギリス Baines School
鳥取県立倉吉東高等学校

◆ゲストコメンテーター
佐伯啓思 京都大学大学院人間・環境学研究科教授
  ・Wikipediaでの先生の紹介
  ・先生の著書
  ・「正論」、先生の写真
柴山桂太 滋賀大学経済学部 准教授

◆日程
2006年8月6日(月)~8日(水)(3日間)
  8/6 開催行事・基調講演 <一般公開> 
  8/7 発表 <一般公開>
  8/8 表彰・特別講義 <関係者のみ> 
4.日程

◆会場
鳥取県立倉吉未来中心大ホール
  鳥取県倉吉市駄経寺町212-5   Tel. 0858-23-5390

 第6回国際高校生フォーラム公式サイト
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka

8/6,7の高校生フォーラムの日程について、教務部からの注意事項です。


8/6,7の高校生フォーラムの日程
                                 教務部

8/6(月)
倉吉未来中心IF大ホール入口から入場(2F入口は一般・来賓・参加校)
14:40に座席にて点呼を行う。(座席配置は後日別途指示)
高校総体・高総文祭出場者については出席扱いとする。

8/7(火)
前日と同じく1F大ホール入口から入場
9:10に座席にて点呼を行う。(座席配置は別途指示)
昼食後、12:40に座席にて点呼を行う。
(昼食時間は短いので弁当を用意した方がいい。今のところ、ホール内での弁当とお茶の飲食はできる予定。ただし、他のジュース類・菓子類は一切不可。)
最終点呼は17:00に座席にて行う。

 高校生フォーラムは、プレゼンテーションの善し悪しだけの大会ではありません。ブレゼンを聴く側の受け止め方、双方向の活動になってこそ意味があります。次に、第1回大会の感想文を載せます。読んでください。出典は前々代の岡本康校長の著書『地方公立瞥通科高校の教育改革』(学事出版)です。

〈感想3〉
 岡山県から参りました。会場の「未来中心」に入った途端、その日その場所に築き上けられたFフォーラム」を支えている、倉吉東高生すべての皆さんの企画力、運営力、行動力に感動いたしました。

 参加各校の発表が、非常に充実した画期的なものであったことは言うまでもありません。さらに私は、今の教育が目指している「生きるカ」とは、必ずしも「雄弁」であるだけではないのだなあと感じました。

 例えば、全国から集まった発表者たちの提言や専門家による講演を熱心に聞き、それを自分の問題として感じ受け止める力、「フォーラム」はそうした貴重な体験を、参加した生徒全員が得られる場であったと思います。
 
 このような取組みを経験することができた若者たちが、10年~20年
後には、表現力豊かで、かつ敏感な問題意識を持った大人として活躍することだろうと、頼もしく思っております。



 これは、第1回フォーラムでヽ岡山県立総社高等学校教諭Y先生の感想である。その他に、全国各地から傍聴に来られた他校の先生方からは、「プレゼンテーションのレベルの高さに驚いた。大学受験というような目前の技法的な能力を競うのではなく、環境問題というグローバルな問題を高校生の視点でどうアプローチするかという「志の高さ」を感じた。

 このように全国、韓国の高校生に呼びかけ開催された、学校挙げての実践力に、倉吉東高のスクールアイデンティティーが[かたち」として結実しつつあるように思いました。自校でも、今後改めて、生徒と共に[学び]の心を問い続けたい」などの感想が寄せられた。
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。